黄色のおりものは何のサイン?

黄色いおりもののサイン

おりものの量や色は、排卵周期や体質、生活習慣、病気などによって変化します。

 

 

その中の恐い症状の一つに、おりものの色の変化がよく挙げられます。

 

今回は黄色のおりものについて説明します。

 

黄色のおりものが出る場合、実は深刻な病気と診断されることは少なくありません。まず多いのは性感染症です。

 

  • クラミジアは水っぽく黄色のおりものが出ます。炎症が起こることも多く、子宮がダメージを受けているので血が出ることもあります。淋病はねばっとした黄色のおりものです。臭いがひどくかゆみが出る人もいて、おりものが増加します。

 

  • 淋病の症状に加え、おりものに泡が混じる場合はトリコモナス膣炎であるかもしれません。感染範囲が広がると、子宮だけでなく膀胱にもダメージが出ます。

 

その他にも細菌性膣炎、卵管性膣炎、子宮内膜炎などでもおりものが黄色くなります。

 

黄色のおりものと言うだけでは病気であるとは言えませんが、普段から注意しておりものを見ておきましょう。

 

>>〈インクリア〉売ってるお店はどこにある?